商品リスト
売れ筋ランキング

ジェネリック医薬品とは

医薬品には2種類あり、新薬「先発医薬品」とジェネリック医薬品「後発医薬品」と呼ばれています。
新薬は最初に開発、販売された新しい薬効成分を持つ薬のことを言います。開発をした製造会社には特許が与えられ、特許期間中は同一の有効成分、効果のある薬品を製造することは出来ません。
ですが、その期間が満期を迎えると他の医薬品メーカーが新薬と同一の有効成分を同一の製造法で販売することが可能となります。これをジェネリック医薬品と言います。厚生労働省にも認められており、認知度も高まっている医薬品です。
新薬の開発には10年以上もの歳月と数百億円と言う開発費用がかかります。新しい薬効成分を見つけることから始め、臨床試験や実験・研究、承認のための審査も必要となります。そして必ずしも製品化出来るものではございません。しかし、ジェネリック医薬品は新薬とは異なり、開発期間も短縮し、開発費用も大幅に削減することが出来るため、新薬に比べ20%~70%ほど低価格で処方してもらうことが出来ます。
海外での普及率は高く、後発医薬品専門の医薬品メーカーもあります。
日本では欧米諸国と比べ、ジェネリック医薬品の普及率はまだ低い現状ではありますが、新薬と同一の有効成分の医薬品を低価格で購入することが最大のメリットであるため、個人の医療負担の軽減、国民の医療費の削減にも期待されております。
TOPに戻る