商品リスト
売れ筋ランキング

レボフロックス

レボフロックス

レボフロックス

効果効能 泌尿器感染症(クラミジア・淋病他)呼吸器感染症
有効成分 レボフロキサシン水和物250mg
メーカー シプラ

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。

レボフロックス 250mg

個数 定価 販売価格 ポイント 購入
250mg × 100錠

 4,000円 

2,680 80pt カゴに入れる

レボフロックスの詳細

レボフロックスは、クラミジアをはじめとした感染症に効果を発揮するクラビットのジェネリック医薬品です。
レボフロックスは、ニューキノロン系経口抗菌製剤で、病原菌が増殖する上で重要な動作である病原菌のDNA合成を抑えることにより、殺菌作用を示します。
また、ニキビの原因であるアクネ菌の殺菌・抗菌効果もあるため、ニキビ治療にも用いられます。
非常に幅広い菌に対して殺菌効果を発揮するため、クラミジアや性感染症などの様々な炎症に用いられています。
通常、皮膚感染症、呼吸器感染症、泌尿器感染症、婦人科感染症、眼科感染症、耳鼻科感染症、歯科感染症など広い範囲の感染症の治療に用いられます。
  • 有効成分・効果効能
  • 用法・メーカー
  • 注意事項
  • 有効成分

    レボフロキサシン水和物250mg

    効果効能

    泌尿器感染症(クラミジア・淋病他)呼吸器感染症

  • 用法

    通常、成人は1回2錠(レボフロキサシンとして500mg)を1日1回服用します。感染症の種類および症状により適宜減量されます。
    腸チフス、パラチフスには通常、成人は1回2錠(レボフロキサシンとして500mg)を1日1回、14日間服用します。いずれの場合も、必ず医師から指示された服用方法に従ってください。

    メーカー

    シプラ

  • 注意事項

    次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。
    ・以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。
    ・妊娠、妊娠している可能性がある、授乳中の婦人、他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください。

    副作用

    報告例として発疹、胃痛、頭痛、嘔吐、不眠などがございます。

当サイトに掲載されている用法、効果効能、副作用等の各種情報は、商品の説明書や一般的な情報を和訳して記載したものです。当サイトではこれらの使用及び服用による一切の責任を負いかねますので、利用者ご自身の責任の元、注文・使用・服用して下さい。

レボフロックスのレビュー

まだレビューはありません。

レビューを投稿する

商品名

満足度

性別

年齢

レビュー内容

TOPに戻る